離婚のしかた

旦那に離婚したいと言われた場合の対処法を分かりやすく解説

旦那から離婚したいと言われた

「旦那から離婚したいと言われたけれど、離婚しなければいけないのだろうか…」「離婚後の生活はどうなるのだろう…」と不安を感じる女性は多くいます。

離婚は双方の合意がなければ成立しません。そのため、本当に離婚して良いのかを冷静的に考えて適切な方法で対応をしましょう。

ここでは、旦那に離婚したいと言われた場合の対処方法について解説します。この記事を読めば、落ち着いて対応ができるようになるでしょう。

サキヨミ!この記事の結論
  • 離婚は双方の合意がなければ成立しない
  • 旦那が浮気をしている場合は、慰謝料を請求する
  • 離婚後の暮らしのためにシッカリと財産分与を行う
離婚をする前に要チェック!財産分与のことも忘れずに


離婚はお金にまつわる問題が多々出てきます。不動産売却もその1つです。不動産売却で得た現金は夫婦で分割します。離婚後の生活で金銭面で苦労をさせないためにも、離婚後の生活を左右する財産分与はなるべく早いうちにしっかりと把握しておきましょう。

中でも、財産分与で最も大きな額となる不動産(持ち家や分譲マンション等)をどうするかは早めに検討しておく必要があります。
売却するしないどちらにも関わらず、保有している不動産の価格を調べるには無料の不動産一括査定サイトを活用することを推奨します。

リビンマッチの一括査定なら最短45秒無料で査定が完了します。大手含む最大6社の不動産会社から無料で査定ができるため、離婚の財産分与においても有効に活用できます。
公式サイトはこちら⇒https://www.lvnmatch.com/sell/

旦那に離婚したいと言われた場合の阻止方法

旦那から離婚を言われたとき

旦那に離婚したいと言われた場合でも、離婚したくないと思う場合もあるでしょう。このような場合はどうすれば良いのでしょうか?ここでは、旦那に離婚したいと言われた場合の適切な対処方法をご紹介します。

離婚したくないのに、旦那と話し合う場を設けることに不安を感じる方は、離婚サポートを活用してみましょう。専門家が最適なアドバイスをしてくれます。

冷静に話し合う場を見つける

離婚したいと言われた場合、冷静的になるためにも別居という手段は有効です。感情的になって、離婚を切り出した場合は、後で後悔することが多いため、別居を選択して冷却期間を設けることをおすすめします。短期間の別居であれば、夫婦関係の修復に役立つこともあるのです。

気持ちが落ち着いたら、冷静に話し合う場を見つけましょう。

カウンセリングなどの第三者の立ち合いを求める

離婚問題の解決の大半は、法律問題というよりは人生相談的な要素が多く、医学的な心理療法や精神療法のアドバイスや援助によって、解決を図られるき性質のものが多いようです。もちろん、法律問題も全く関係ないわけではありません。

離婚をして良いのかどうかなど迷った場合は、第三者の意見を求めてみても良いでしょう。しかし、友人や家族に心配をかけたくないと思う方が大半です。そのような場合は、カウンセリングを受けてみることにしましょう。

夫婦関係円満調整の調停を利用する

急に離婚は無を持ち出されてどうしようか判断に困っている場合や、子どもが小さく、離婚してよいものかどうか悩んでいる場合もあるでしょう。このような場合には、家庭裁判所へ「夫婦関係円満調査」の調停申立てをしてみましょう。

相手がどのようなことを考えているかが分かり、調停のなかで、調停委員等の意見を聞くことができます。

夫婦関係調整の調停は離婚調停とは異なり、当事者の一方が夫婦関係の継続を望んでいれば、夫婦関係が円満に回復するように向けて、必要なアドバイスや調整を調停委員の人達が行ってくれます。

旦那の離婚したい原因で浮気の疑いがある場合の対処法

旦那の浮気が原因

旦那から離婚したいと言われる原因が、浮気である可能性もゼロではありません。このような理由で離婚する場合は、証拠があれば有利な離婚を成立させることができます。そのため、証拠を集めておきましょう。ここでは、浮気の疑いがある場合の対処法について解説します。

浮気の疑いがある場合は証拠を集める

旦那の浮気が理由で離婚をする場合、怒りに任せて相手を問い詰めてしまうと逆効果です。相手は浮気を否定して慎重に行動し、浮気の証拠も隠されてしまう可能性もあるでしょう。

調停や裁判などで浮気を理由に有利な離婚を成立させるためには、浮気の証拠を集めておきましょう。証拠集めの最大のポイントは、性的関係を証明できるかどうかです。

典型的な証拠は、ラブホテルに2人で出入りしている様子を写真やビデオで撮影したものです。集められる証拠は、すべて集めておきましょう。

集めておきたい証拠

浮気が疑われるときに集めておきたい証拠には、次のようなものが挙げられます。

領収書 日付・利用人数・支払い内容などを記録する。
カードの利用明細書 日付・支払い内容などを記録する。
携帯電話 履歴やアドレス帳を確認して控えておく。浮気を連想させるメールを転送しておく。
交通機関のICカード 利用履歴を券売機で印字し、記録に残しておく。買い物履歴のチェックも可能。
SNS 浮気の状況証拠となる文面や写真データを保存しておく。
写真・ビデオ 2人で会っている様子を撮影する。

ラブホテルに出入りしている様子などは、性的関係の裏付けとなりやすい。

手紙 浮気を連想させる文面があればコピーしておく。

旦那に離婚したいと言われた場合に考えること

離婚前に考えること

旦那に離婚したいと言われた場合は、離婚後に苦労しないように、離婚後の生活をシミュレーションしなければいけません。どのようことをシミュレーションしておけば、楽しい暮らしができるのでしょうか?ここでは、離婚したいと言われた場合に考えた方が良いことについてご紹介します。

結婚後に築いた財産を把握する

原則的には、婚姻期間中に形成された夫婦の財産は2分の1ずつの権利があります。そのため、財産分与をするためにも、結婚後に築いた財産を把握するようにしましょう。

財産の内容 確認方法
収入 収入を調べるときは、サラリーマンの場合は源泉徴収票、自営業の場合は確定申告時の資料をコピーしておく。
預貯金 預貯金通帳をコピーして、金融機関・口座番号・預貯金残高・満期を確認しておく。子ども名義の口座も含めて、家族全員の通帳を確認する。
不動産 契約書や権利書などをコピーする。登記事項証明書を入手して確認しておくと良い。また、不動産会社に査定を依頼する方法もある。
積立型保険 保険証書をコピーしておく。
有価証券 証書などをコピーして、銘柄、口数、購入価格、時価を確認しておく。
借金 金融機関から送られてくる明細表をコピーして、残高を把握しておく。

離婚後の収入と生活費を計算する

自分自身の生活設計のメドが絶たない場合は、離婚すべきではありません。離婚後の経済的な変化は、自分だけではなく子供を巻き込む問題です。

「破綻した結婚生活を続けるぐらいなら、経済的な困難はいとわない」と考えたとしても、子どもを養育するお金に事欠くようになってしまっては、子どもに生活上の不安を背負わせてしまうことになります。そのため、離婚後の収入と生活費は必ず計算して、段取りを汲んでおきましょう。

子どものことを考える

子どもの親権についても考えなければいけません。最近では、父親の育児に対する増加や少子化などによる家族の実態の変化にともない、親権の指定や監護に関する決定をめぐる紛争が増加してきています。そのため、どちらが子どもを引き取るかを考えなければいけません。

また、離婚によって転校しなければいけないなどの問題は、少なからず子どもの負担になります。そのため、離婚をする場合は子どものことも考えましょう。

離婚前から職探しをする

離婚してしまうと、自分の生活を自分で支えなくてはいけません。幼い子供を抱えて離婚する場合には、仕事と子育ての両立という困難さが更に加わります。とくに、離婚後に就職しようとする場合、幼い子どもがいることは大きなハンデとなるのが現実です。

そのため、自治体などの支援を利用して働き先を確保する、就職のための経済的負担を軽減するなどが可能かどうかを検討する必要があります。離婚前から職探しはしておきましょう。

離婚後の住まいを探しておく

離婚をする場合は、現在の住まいから離れて、新しい生活をしなければいけません。賃貸住宅に引っ越す場合は、敷金・礼金などの費用がかかるため、離婚前に用意しておきましょう。

また、実家に戻る選択肢もあるでしょう。実家に戻る場合は、生活費を安く抑えることができますが、両親が離婚に反対していた場合は、居心地が悪いものとなるでしょう。
離婚後に、どこに住むかは離婚前に考えておくことが大切です。

旦那に離婚したいと言われたら落ち着くことが大切

ここでは、旦那に離婚したいと言われた場合の対処法について解説しました。離婚は、夫婦の合意がなければ成立しません。そのため、感情的に離婚に応じるのではなくて、冷静的に離婚するべきかを考えましょう。

また、離婚すると決めたら、離婚後の生活に向けて準備しなければいけないことが山ほどあります。その中でも、財産分与などは離婚後の生活に大きな影響を与えます。そのため、離婚を決断したら、早期に動きましょう。

持ち家の売却価格を調べるには一括査定を利用しよう

離婚後に豊かに暮らすためにも、結婚生活で築いた財産がどれぐらいあるかをチェックしましょう。とくに持ち家に住んでいる場合は「家を売却するといくらになるのか?」を調べておく方が良いですが、不動産会社に応じて金額が異なるため、少しでも高く売れる会社を選ぶことが大切です。リビンテックの一括見積サイトなどを利用すると簡単に不動産の価値を知ることができます。ぜひ、調べてみてください。公式サイトはこちら⇒https://www.lvnmatch.com/sell/