DV・モラハラ

DV夫の対処法は?暴力・モラハラをする夫と離婚する方法

最近、夫婦の間でモラハラや暴力が原因で離婚する人が増えていますが、暴力やモラハラを受けて続けている場合、第三者に相談したり逃げる・・という考えが浮かばないため、うつ病などの精神疾患にかかってしまい最悪の場合命に危険が及ぶこともあるようです。
我慢していればいつか終わるだろう・・という考えでDV夫やモラハラに耐えていると実際に終わりがあるのか不明ですし、心身共に壊れてしまうかもしれません。
ただ、DVやモラハラは第三者から見て分かりづらいことがあるため、被害を受けている本人が積極的に行動しないと周りの人から理解されにくいという特徴もあります。
ここではDV夫やモラハラ夫と離婚する方法について詳しくご説明しますので、最後までお読みください。

DV夫やモラハラ夫と離婚する方法

DVやモラハラを受けていることを弁護士などに相談する
離婚成立までの方法としては協議離婚と調停離婚、裁判離婚に分けられますが、協議離婚とは夫婦間で話し合い離婚を成立させる方法です。
実際に、DVモラハラが原因の場合夫婦間での協議離婚は難しいため代理人を通して調停離婚か裁判離婚になることが多いです。

協議離婚

まずは夫婦間で話し合う虚偽離婚から始めるのが一般的ですが、DV夫が暴言を吐いたりして冷静に話し合いができない場合には調停離婚か裁判離婚に進みましょう。
協議離婚の際に避けるべきことはDVやモラハラを行っている夫や妻にどんなにひどい対応をされてもそれに応じないことです。
相手の理不尽な行動に合わせて対応すると、ますます相手の理不尽さがひどくなるからです。

調停離婚

協議離婚での離婚が難しい場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立て調停離婚を行うことになります。
その際大切なことはDVやモラハラを証明できるだけでの客観的証拠を用意することです。
DVの場合医療機関で診断書を取っておくべきです。
ただ、モラハラの場合身体的な暴力ではないので見た目に分からずほとんどが家庭内で行われるため第三者からは分かりづらいですし、加害者は第三者に対していい人を演じるケースが多いのでDVより厄介だと言えます。
モラハラの証拠となるものは他の離婚理由と比べてかなり少なくなるでしょうが、証拠として有効なものには次のようなものが挙げられます。

  • ものなどに当たる様子が録画されたもの
  • 暴言などが録音されたもの
  • モラハラについての日記や記録、メモなど
  • 加害者に対する改善要求の手紙、メール、書面など

・・がありますが、モラハラについての証拠を集めるのは難しいでしいと考えられます。
ただ、あなたを侮辱したことを録音やメモにして残しておくことはかなり有効なので、できるだけこういった証拠を残しておくべきです。
また、LINEやメールなど被害者に送られてきたもので侮辱する言葉が書かれている場合、有効な証拠になる可能性があります。
こちらが相手に侮辱されたことで精神的な被害を受けたことを残した日記なども有効です。

離婚裁判

モラハラやDVなどで離婚する際、正直なところ協議離婚はほとんど絶望的だと言ってもいいでしょう。
そのため、調停離婚から始めるか調停委員との話し合いも飛ばし、裁判離婚に持っていく方が早いと言いきれます。
ただ、日本では調停前置主義という制度があるため、調停離婚から始めないということを頭に入れておいて下さい。

DV夫やモラハラ夫と離婚する場合の慰謝料とは

夫のDVやモラハラで離婚するとなった場合の慰謝料についても押さえておいた方がよさそうです。
モラハラやDVなどで離婚する場合の一般的な慰謝料の相場としては50〜300万円程度が相場のようです。
慰謝料を請求できるケースとしては相手の言動により被害者やその子どもが精神的、肉体的に苦痛を感じている場合です。
ただ、慰謝料の相場については法律できちんと決められているわけではないため、話し合いによって決定されることになっています。
なので、相手が高収入な人であれば何億円という金額をもらうことも可能なのです。

DV夫やモラハラ夫と離婚するには弁護士に相談を

DV夫やモラハラ夫と離婚する方法についてまとめてみました。DVやモラハラから逃げることは簡単ではありません。
被害者は逃げればもっとひどい目にあう・・という恐怖感やいつか優しくなるかも・・などの期待感から現状を受け入れがちです。
DVもモラハラも精神的、肉体的に苦痛を伴うものです。
もし、あなたが精神的、肉体的に配偶者によって傷つけられているなら、迷わず第三者に相談しましょう。

ただ、離婚をスムーズに進めていくためには法律的な知識が豊富な弁護士に相談するのが最善だと言えます。
弊社ではDV夫やモラハラ夫とスムーズに離婚するための相談にも応じられますので、お気軽に電話やメールをいただければと思います。
今のあなたにとって、これからの輝かしいあなたの未来を暴力やモラハラから逃れ、じっくりと将来について考えることが必要です。

まずは一人で悩まず、信頼できる弁護士を見つけましょう。