慰謝料

夫の風俗通いは離婚理由になる?慰謝料請求も可能か

夫が風俗に通っていると分かれば、妻は嫌悪感を覚えるはずです。
場合によっては妻にばれた後も風俗通いを続ける夫もいるかもしれません。
そうなれば、妻は離婚したいと考えるようになるのは当然です。
ここでは夫の風俗通いは離婚理由になるのか、慰謝料請求はできるのかどうかまとめてみます。

夫の風俗通いは離婚理由になるか

夫が風俗に通っていることが分かれば、怒りや悲しみ、嫌悪感でいっぱいになるのは当然です。
中には認可されているお店もあるため、法律で許されているのでは?と感じるかもしれませんが、実際には配偶者がいるのに風俗に行くことは不貞行為に当たることもあり、離婚や慰謝料請求が可能な場合があります。
風俗に行った場合に離婚原因として認められる場合とは性交渉を持った場合で、夫婦にはそもそも貞操義務があるので不貞行為を行うことは法律で離婚原因として認められます。
つまり、風俗での性交渉であっても不貞行為とみなされるのです。

1回だけでは認められない場合も

ただ、気をつけたいのは1回風俗に行ったからと言って離婚が認められない場合があることで、そういった場合には離婚はできないと考えておいた方がよさそうです。
夫が風俗へ継続的に通うことで夫婦生活がなくなったとしましょう。
夫が風俗に通いつめることで妻は精神的苦痛を受けやめるように言ってもやめようとしない・・。
こういった場合には条件や状況によっても違いますが、夫が妻との婚姻関係を破たんさせる理由に浮気と同様風俗通いが離婚条件として認められることがあります。
民法において離婚を認める条件に婚姻関係を破たんさせたかどうかがあるため、精神的苦痛を与えられ婚姻関係の継続が不可能・・と判断されてしまえば、夫の風俗通いがその原因として認められ離婚が認められるのです。

離婚原因にならない場合

風俗通いが離婚原因として認められるとは言っても、離婚や慰謝料請求がただちにできる・・とは限っていません。
風俗と言ってもさまざまなものがあり、すべてが性交渉を行うとは限っていません。
つまり、性交渉を目的とする風俗、たとえばソープランドなどに行った証拠を集める必要が出てきます。
また、不貞行為が1回で反省している場合は夫婦関係の修復が可能とみなされるため離婚原因として認められないでしょう。
また、風俗通いで不貞行為があったとしても、その時点で夫婦関係がすでに破たんしているようなケースでも慰謝料請求は不可能だと言われています。

証拠集めが重要

夫の風俗通いを離婚原因として認めさせるためには性交渉を行う風俗に行ったことが分かる証拠を集めておく必要があります。
たとえば、風俗店のメンバーズカードや風俗に行って性交渉を行ったことを認める書面や録音、風俗店の領収書・・などですね。
ネットで風俗店の閲覧履歴や検索履歴、電話の履歴やチラシを持っていた程度でははぐらかされてしまう可能性があるので、不貞行為の証拠にならないでしょう。
つまり、風俗店へ行ったという証拠としては言い逃れのできないものが必要ということですね。

慰謝料の相場とは

不貞によって離婚になった時の慰謝料の相場としては100〜300万円程度だと言われていますが、風俗通いが原因の場合は少し金額が下がることがほとんどです。
その理由は浮気の場合不倫相手に心身共に浮気されていたことになりますが、風俗の場合体だけだとみなされるため精神的苦痛が少ないととらえられてしまうからです。
中には特定の女の子を目当てに通っている場合もありますが、言い逃れされることがほとんどで証拠も集めづらいでしょう。
ですので、風俗通いが原因で離婚する場合は慰謝料が若干少なくなるのは仕方のないことかもしれませんね。
なお、慰謝料請求の金額や理由については夫が了解しさえすれば何でもいいため、本当に夫が申し訳ないと思っており反省していれば妻の言い分がそのまま認められてしまうこともあるようです。

弁護士に相談することが大切

夫の風俗通いが離婚理由として認められるかどうか判断するには法律家である弁護士に依頼することが大切です。
相談する際には夫がどの程度の頻度で風俗通いをしていたのか調べた上で、弁護士へ相談するようにしましょう。経験豊富な弁護士なら最善の策をあなたに提案してくれるはずです。1人で悩まず早めに相談するようにしましょう。

離婚は早めの相談を

風俗に通い性的関係を持つことは不貞行為に当たるため離婚原因になりえます。つまり、法律上離婚できるということです。
ただ、そのためには大前提として、夫の風俗通いがはっきり立証できる証拠を集めることが大切です。

ここでご紹介した証拠を集めていただけばスムーズにいくでしょうが、他に分からないことがあれば信頼できる弁護士に相談に乗ってもらいましょう。