慰謝料

不妊は離婚理由になる?慰謝料請求も可能か

夫婦にとって不妊は非常にデリケートな問題で、子どもがなかなかできない・・というのは結婚するまでは想像もできなかったことでしょう。
ですが、不妊が原因で夫婦に亀裂が入ってしまい、離婚にまで進んでしまうことも多いです。

では、不妊が原因で離婚することはできるのでしょうか?また、そうなった時、慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?
不妊にお悩みのご夫婦はもちろんですが、将来結婚予定のある方にとってもぜひ知っておいていただきたいです。

不妊が原因で離婚できるか

結婚しても子どもができず不妊治療を行っているご夫婦は多いです。
実際のところ、結婚して子どもができるかどうかは結婚してみないと分かりませんよね?
万が一、夫婦のいずれかに身体的に支障があっても不妊治療を行うことで子どもができる可能性はあります。

ですが、夫婦のどちらかが原因で100パーセント子どもができないことが分かると、その後どうすればいいのかというのは大変難しい問題です。
不妊は肉体的な問題であり本人も知らないケースがほとんどで、もし知っていれば結婚前に相手に言うはずです。
不妊の原因がない方は相手に不妊の原因があることで嫌いにならないにしても、子どもを持ちたいと考えて結婚したなら、離婚を視野に入れてしまうのは仕方のないことかもしれません。
こういった不妊が原因で離婚することは可能なのでしょうか?

法律的な考えでは離婚事由に値する

法律的な考えでは婚姻が継続しがたい重大な事由がある場合、離婚原因になるとみなされます。
ですが、相手に責任を問えない身体的問題や不妊を立証するための裁判上の手続きを考慮すれば、裁判を起こすことに進めない場合が多いでしょう。

夫婦であることの何に重点を置くかというのはそれぞれの夫婦ごとに違っています。
実際に、お子さんを持たない夫婦も多いですし、お子さんがいないことで夫婦関係を持続できない絶対的理由になるのかと聞かれるとそれは夫婦それぞれだと言っていいでしょう。
ただ、人生は一度きりなのでお子さんのいる家庭を築きたいと考える方も多いのは事実で、そのために結婚したという人もいるはずです。
お子さんを持ちたいと考えそのために離婚したいなら、夫婦間でしっかりと話し合い合意の上で離婚することが大切でしょう。

不妊によって離婚に至るケース

不妊治療に疲れた

このケースは夫婦のうちのどちらかが子どもが欲しいのに、相手が不妊治療に疲れてしまった場合です。
そのため夫婦間に亀裂が入ってしまうことも多いです。
子どもを作るか作らないかは夫婦にとって非常に大切な選択で、それについて意見が合わなくなり別居期間が長引いていると、婚姻を継続できないとみなされ離婚が認められることもあります。

不妊が原因でうつ病になる

夫婦のいずれかがうつ病になってしまうと、それだけで婚姻が継続できないとみなされないため離婚が認められる可能性は低いです。
ただ、どちらかが病気になった時に相手の思いやりが欠けてしまい、そのせいで別居が長くなった場合は婚姻が継続しがたいとみなされるため離婚が認められる確率が高くなります。
ただ、法廷離婚理由に精神病というのがありますが、これは回復の見込みのない病気のことなので、上で書いた不妊によるうつ病は含まれません。

不妊治療によってケンカが多くなり夫婦仲が悪化した

不妊治療がうまく進まずケンカが増えた場合、身体的や言葉の暴力を受けることで婚姻を継続しがたくなることがあります。
そうなると、離婚原因として認められる可能性が高くなります。

不妊が原因で離婚する場合の慰謝料

夫婦いずれかに原因があって不妊となり、それにより夫婦間に亀裂が入ってしまい離婚になった・・という場合、不妊の原因となった側に慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?
結論を言うと、それは非常に難しいです。
慰謝料を請求するにはどちらかに落ち度があることは当然ですが
、それが不妊となると身体的に落ち度があったとは言い難いからです。

弁護士に相談を

不妊治療をしているご夫婦だけでなく、将来結婚する予定がある方も、ここでご紹介したことを理解していただければと思います。

夫婦どちらかが子どもが欲しいのに、不妊治療を行っても子どもができない、離婚したい・・となった時、離婚問題に詳しい弁護士に相談するのがおススメです。
離婚問題を扱った経験が豊富な弁護士なら、離婚をスムーズに進めることができるはずです。