慰謝料

離婚の慰謝料が貰えない!?慰謝料請求できないケースについて

離婚するなら慰謝料が発生するのが当たり前・・と思い込んでいる方は意外と多いです。
ですが、慰謝料を払う必要があるのは離婚の原因を作った人に限られます。たとえば、浮気などはその典型です。

実際に結婚生活を送っていると、どちらか一方だけに原因があることはまれだと言えます。
ここでは離婚の慰謝料を払わないでいいケースとはどういったケースなのかご紹介してみましょう。

現在離婚をお考えの方も、そうでない方もぜひご参考になさっていただければと思います。

離婚の慰謝料とは

離婚の慰謝料を請求するにはまず、自分のケースが慰謝料請求に当てはまるケースかどうかを知っておく必要があります。
離婚理由で一番多いのが性格の不一致だと言われています。ただ、この理由で離婚したい場合慰謝料請求はできません。

慰謝料とは離婚の際に夫婦でお金を分ける・・という意味合いのものでなく、いっぽうが相手に行った行為に対し謝罪の意味で支払うものだからです。
たとえば、夫がずっと浮気しており精神的に傷ついた、夫の暴力やモラハラに耐えられなくなった・・などの理由がある場合、慰謝料を請求することが可能です。
いざ離婚したものの、離婚後の生活でお金に困らないようにするためにも慰謝料請求ができるかどうか確認しておくことは大切です。

慰謝料がもらえると思っていたのに、実際に離婚してみると支払ってもらえなかった・・などとなってしまった場合、離婚後の生活は苦しくなります。
離婚すると決めるということはその後の新しい人生で幸せになることが目的なので、慰謝料を払わない・・なんてことになれば意味がありません。

慰謝料がもらえないケース

では具体的に離婚で慰謝料がもらえないケースとはどういったケースなのでしょうか?
ここでは離婚後金銭的に困らないよう、慰謝料をもらえないケースとはどういったケースなのかまとめてみます。
上でも書いたように、そもそも離婚の慰謝料とは精神的、肉体的苦痛を与えた相手に支払う損害賠償のことで、たとえば暴力や浮気など離婚原因となることを行った人に対する損害賠償請求・・となります。
大切なことは慰謝料は離婚するどの夫婦にも発生するものではなく、次のような場合は慰謝料が発生しないことがほとんどだということを知っておくことです。

  • 有責責任がお互いにある場合
  • 性格の不一致
  • 家族関係がよくないため離婚になった
  • 夫婦関係が破たんした後の不貞行為
  • 離婚原因の証拠が不十分

中でも気を付けたいのが、離婚原因の証拠が不十分なケースです。

相手の浮気や不倫、不貞行為が原因の離婚は高額な慰謝料請求が見込めますが、明確な証拠が無いと慰謝料請求することができません。
ましてや、相手側に弁護士がついている場合は必ずその証拠の有無をつついて少しでも減額してこようとします。

証拠が不十分で慰謝料請求が出来なかったという人も多くいるため、証拠集めは慎重に、そして確実に押さえておきましょう。

慰謝料請求にも時効がある

ここで気を付けるべきことは慰謝料を請求する場合、時効があるということです。
慰謝料は離婚が成立して3年で時効になると決まっています。
なので、とにかく離婚したいからといって離婚をとりあえずして、その後慰謝料のことを考える・・ということは好ましくないですね。
3年という時効の期限はあっと言う間に来てしまいますし、後々トラブルが起こる可能性もあります。
離婚すると決めたら慰謝料についてもすっきりさせておくようにしましょう。

確実に慰謝料請求するためには探偵と弁護士に相談を

たとえ夫や妻が浮気していると明確に分かっていたとしても、それを客観的に証明できるものがなければ、離婚しても慰謝料をもらうことは不可能です。
それは暴力やモラハラの場合も同様で、実際にこの客観的証拠を集めることは思った以上に大変です。

浮気した本人があまり考えず行動するような人ならいいものの、冷静に行動するような人の場合、うまくごまかされてしまう確率が高いからです。
法律は弱い立場の人を守るための存在ですが、実際に抜け道は多いものです。
離婚すると決めたら、法律を避けて通ることは不可能なので、冷静に専門家のアドバイスを受けていただき、慎重に行動するようにしましょう。

まずは確実な証拠を集めるためにも探偵事務所に相談することをおすすめします。探偵事務所はいわば離婚の専門家、あらゆる可能性を考慮し、証拠となりえるものを集めることが可能です。
法律の専門家である弁護士との連携をしている事務所も多いため、なるべく早い段階で行動しましょう。

弁護士に離婚問題を依頼するとさまざまな費用がかかるので躊躇する方が多いでしょう。
ですが、慰謝料を一切払わない・・などの事態を考えると、費用が多少かかったところでどちらが得か明確です。

慰謝料など離婚の際に発生する金銭問題は思いもよらず落とし穴があることがあります。
お子さんがいる方はご自分だけでなくお子さんの幸せのためにも、離婚すると決めたらしっかりと慰謝料をもらえるよう行動しましょう。