離婚のしかた

別居中の婚姻費を払いたくない!最小限に抑える方法

離婚を前提とした別居を行っている間の婚姻費用は誰でもできれば払いたくないものです。
夫婦が離婚をする前に別居した場合、かなりの確率で婚姻費用を請求されるはずです。
ここではそんな離婚を前提とした別居中の婚姻費用をできるだけ払わなくて済む方法について解説します。

\サキヨミ/

婚姻費用を最小限に抑えるためには、離婚に強い弁護士による交渉が最も効果的です。あなたの状況にあわせた交渉を行い、最善の方向へと進めてくれます。

下記の離婚専門家案内サービス「離婚相談サポート」では、1,000以上の弁護士事務所から、あなたの悩みや要望にあった弁護士探しをサポートしてくれます。もちろん無料で利用できるため、いち早い解決を目指して最適な弁護士を見つけましょう。

婚姻費用とは

では、婚姻費用とは分かりやすく言うとどういった費用のことなのでしょうか?

そもそも婚姻費用がどのくらいになるのかは養育費・婚姻費用算定表を基準にして決定されます。

婚姻費用とは夫婦と未成年の子供が財産や収入、社会的地位に応じ通常に生活していくために必要となる生活費のことで、分かりやすく言うと生活費や居住費、お子さんの学費・・などを言います。
婚姻費用は法律上夫婦の負担能力に応じ分担することが決まっていますが、これはたとえ離婚を前提とした別居中であっても法律上まだ夫婦であれば果たす義務があります。
ですので、夫婦が離婚前に別居した場合、妻と比べ収入が高い夫側がしかるべき婚姻費用を払ってくれない場合に請求することができると決まっています。

婚姻費用の目安

では、婚姻費用はどの程度の金額になるのでしょうか?
この婚姻費用の金額は月当たりの金額が決まっており、まずは夫婦の間で話し合い、それでも決定しない場合には裁判所に調停を申し立てて決定されることになっています。

その金額が決定すれば請求することが可能で、調停で話し合っても決まらない場合は家庭裁判所で審判を行い金額が決められます。
この金額については年収やお子さんの人数、お子さんの年齢・・など総合的に判断した上で決定されます。

裁判所としてはこういった事情に基づき、前もって標準的な生活状況を想定して作られた婚姻費用算定表を使って金額を算出します。
ただし、これに基づいて算出すると不公平になる特別な場合にはそれを考慮した上で金額を増やしたり、減らしたりすることがあります。

婚姻費用を抑える方法とは

住宅ローンや不動産の家賃を主張する

離婚前の別居中に妻とお子さんが自宅に住み続け、夫が賃貸物件に住んで住宅ローンを支払い続けていることが多いです。
また、その逆という場合もあります。
夫は奥さんが自宅に住み続けているためその住宅ローンを払っていることや、奥さんが住んでいる賃貸物件の家賃を支払っていることを主張することが大切です。
住宅ローンや家賃にかかる費用をある程度考慮してもらえば、妻側に支払う婚姻費用の額をある程度抑えることが可能です。
よくあるケースとしては住宅ローンを支払っている場合、3万円程度減額されるようです。

転職する

少し思い切った方法ですが、転職するのも一つの手です。
その理由は転職先の会社がどこか分からないと、妻側の打つ手がないからです。
ただ、気軽な気持ちで転職するのは難しく、転職先が見つかってしまえば、また強制執行に合わないとも限りません。

独立する

また、思い切って独立し自営業になる方法もあります。
その理由は課税対象となる収入の金額を抑えることで、婚姻費用の額を抑えることができるからです。
ただ、そのためだけに自営業になるのはリスクが伴うでしょう。

私立学校の費用は拒否できる

妻側の主張としては婚姻費用とは別で夫側にお子さんの学費についても払ってもらいたいという方が多いです。
養育費・婚姻費用算定表によれば、公立学校の学費については含まれているものの、婚姻費用とは別で支払う義務はないと言われています
ただ、ここで注意したいのが私立学校にかかる費用です。
養育費・婚姻費用算定表によれば、私立学校にかかる費用は考慮されていないようですね。
それでは、私立学校にかかる費用について夫側が負担する必要があるのかと言えば、それは負担する必要がないと言いきれます。
夫側がお子さんの私立学校に入学することにはっきりと同意していない場合、その学費を婚姻費用とは別で支払う義務がないことが基本的な見解です。

婚姻費用のお悩みは弁護士に相談するべき

離婚を全提とした婚姻費用を支払いたくないのは誰でも思うことです。
ですが、どうすればそれができるのか、どこまで抑えることができるのか・・など、一般の方では分かりづらいです。
そんな時、法律のプロである弁護士に相談していただき、的確なアドバイスを受けることが大切です。

離婚や婚姻費用交渉に強い弁護士を探すには

一言に「離婚に強い弁護士」と言っても、多くの弁護士事務所の中から見極め、探すことはかなりの時間と苦労がかかります。弁護士によっても「離婚調停は得意だけど婚姻費用の交渉経験は少ない」などと得意不得意があり、その差が結果に大きく影響します。

良い探し方としては、離婚弁護士専用のポータルサイトで探すか、無料の離婚専門家案内サービスを利用することです。

下記の離婚相談サポートでは、一人一人の悩み要望にあった弁護士探しを無料でサポートしてくれます。「婚姻費用の交渉がしたい」「○○駅近くで相談に乗ってくれる離婚に強い弁護士を探している」など、細かい要望にも応え、適切な専門家を相談してくれます。

婚姻費用の交渉は早めに取り組んで後悔することはありません。自分の悩みを有利に解決してくれる弁護士を見つけ、いち早い解決を目指しましょう。