慰謝料

婚約破棄でも慰謝料は請求できる?必要な正当事由とは

婚約するとお互いに誠意を持って交際をし、夫婦とし生活できるよう婚姻届けを提出した後、お互いに夫婦として共同生活を行うよう努力する義務が発生します。
ただ、婚約が成立すると正当な事由もなく破棄してしても、強制的に結婚を履行されることはありません。
ですが、お互いに誠意を持ち交際し婚姻届けを出して共同生活を始められるよう努力するための義務に違反した理由に対し精神的、財産的損害賠償を請求されることはあります。
そのための正当な事由とはどういったものなのでしょうか?

婚約とは

そもそも婚約とは法律的に○○したときに成立する・・と書かれていれば分かりやすいですが、実際には民法上結婚や離婚についての規定はあるものの、婚約についての規定は存在しません。
たとえば、結婚の場合だと婚姻届けを提出すれば結婚ということになります。
ですが、婚約についてはどういった場合に成立するのか条文はありません。
これまでの判例によれば、結論的に言うと婚約は口約束でも成立することが分かっています。

婚約破棄の正当事由とは

婚約すると、一緒に夫婦になるために誠実な努力をしていく必要が
あるとみなされます。
男女関係とは言っても、婚約は当事者二人以外にも婚姻の公表を行っているため社会的に結婚の契約をしているとことになります。
ですので、理由もなく一方的に婚約破棄を行うことは問題で、法律上債務不履行の責任が発生します。
婚約とは婚姻の約束をするもので、この約束を破ったからと言っても婚姻について裁判よっても強制力はありませんが、婚約して相手に落ち度がないのに不当な破棄があれば不法行為または債務不履行により損害賠償責任を負うことによって損害賠償を支払う必要が出てきます。

なお、損害賠償の対象となるのは婚姻のための準備費用や婚約指輪など、婚姻に対する期待を裏切られた精神的苦痛に対する慰謝料などがあります。
ただ、婚約破棄に対し正当事由がある場合で認められた場合には損害賠償責任はありません。
この正当事由にはいくつかありますが、たとえば、婚約者に暴力、不貞行為、侮辱行為などがある、失業など経済的な変化、大きな病気にかかる・・など、婚姻しても生活していくのが難しいことが挙げられます。
ですが、単純に婚約者との性格が合わない、周りの人から結婚に反対された・・などの理由では正当事由として認められないでしょう。

損害賠償請求のポイント

婚約破棄により損害賠償請求が行われた場合当事者間で問題になることがあるでしょうが、その1つに男女間で婚約が成立していたかどうか・・というのがあります。
もし、婚約が成立していなかった場合、慰謝料の請求権は発生しないことが決められています。
婚約とは男女の合意の元で成立しますが、これについて当事者間で認識の差がある場合、最終的に裁判所に判断をゆだねることになります。

その際、両親や知人などに婚約したことが周知されていたかどうかや結納や婚約指輪などの贈与など、婚約についての儀式が行われたかどうかなどを元に判断されることになります。
さらに、婚約破棄について正当な理由があるかどうかもポイントになります。
婚約が成立していたとしても、婚約破棄されても仕方のない理由、たとえば、暴力や暴言があった、第三者の異性と性的関係を持った・・などの行為があれば損害賠償請求は認められないと決められています。
逆に、このようなケースでは婚約破棄した側から婚約破棄の原因を作った側に損害賠償請求を行うケースが多いです。

婚約破棄の慰謝料

さて、婚約破棄する原因となった側から相手に対して支払われる婚約破棄の慰謝料は婚約破棄の経緯や婚約期間などによって変わってきます。
婚約期間が長ければ長いほど、婚約破棄の時期が婚姻直前であればあるほど精神的ダメージは大きくなるのは当然ですので、慰謝料の金額は大きくなります。

この慰謝料の金額は婚約していた男女同士が話し合ったり、裁判を行うなど、状況に応じ変わってきます。
例外的に高額な金額にある場合もありますが、離婚慰謝料などと比較すると金額は低いことが多く、一般的に、婚約破棄の慰謝料の相場は50〜200万円の範囲になることが多いです。
婚約破棄のトラブルが起きる男女はまだ若く収入も少ないことが多いため、実際には100万円以下になることがほとんどだと言われています。

まとめ

婚約破棄でも慰謝料は請求できるのか、婚約破棄のための正当事由とは・・などについて具体的にご説明させていただきました。
婚約破棄となれば精神的ダメージもかなりのものでしょう。慰謝料を請求するのも素人ではなかなか難しいはずです。

そのため、婚約破棄による慰謝料請求は法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめいたします。
婚約破棄のトラブル解決の経験が豊富な事務所も多く存在するため、あなたが満足できるだけの慰謝料を獲得することができます。
一人で悩まず、早めの相談で有利な解決を目指しましょう。