浮気・不倫

LINEのトーク履歴は浮気・不倫の証拠として使えるか?

浮気や不倫によって離婚せざるをえなくなった場合は、慰謝料を請求することができます。ただし、相手が浮気を認めない場合には、「浮気の証拠」が必要となります。

それでは、LINE(ライン)のトーク履歴は、浮気や不倫の証拠として使えるのでしょうか?

実は、LINEのトーク履歴は、証拠になる場合とならない場合があります。浮気を疑わせるLINEを発見しても、必ずしも証拠として使えるとは限りません。

そこで今回は、浮気や不倫の証拠として使えるものと使えないものの違いについて説明し、どのようなLINEが証拠として使えるのかについて、具体例を示しながら分かりやすく紹介します。

浮気の証拠になるのは「不貞行為」を示すもの

浮気・不倫による慰謝料を請求するためには、「結婚相手以外の異性と性的な関係があったこと」を示す証拠が必要です。

結婚相手以外の異性と性的関係を持つことを、法律用語で「不貞行為(ふていこうい)」といいます。

それでは、実際の裁判では、どのような証拠が使われているのでしょうか?

類型 具体例
①性的な関係があったことを推測できる証拠 性行為中の写真や動画
性行為に至る直前の写真や動画
2人でラブホテルに出入りしている写真
性的関係があったことを示すメールやSNSの会話
②浮気・不倫をしたことを自白した記録 「もう二度と浮気はしない」と謝罪している会話の録音や録画
浮気相手が不倫を認めて謝罪をしたメールや手紙
③親密な関係であることを推測させる証拠 不倫相手の自宅に頻繁(ひんぱん)に通っていることを示すGPSETCの記録
不倫相手のために購入した高額なアクセサリーの領収書やレシート

浮気・不倫の証拠については、下記記事にて詳しく説明しておりますので、あわせてそちらもご覧ください。

LINEのトーク内容に不貞行為を匂わせる内容や写真があれば証拠となる

先ほどの表で示したように、SNSの会話も浮気や不倫の証拠として提出されることがあります。

それでは、LINEのトーク履歴を証拠として使う場合は、具体的にどのようなものを提出すればよいのでしょうか?

ケース1:性的関係があったことを示すトーク履歴

LINE上で性的関係があったことを示唆するトークをしている場合は、証拠として使うことができます。

例えば、ラブホテルで会う約束をしている会話や、性行為の感想を言い合っている会話は、証拠として使えます。

反対に、レストランで会う約束をしている会話や、「楽しかった」「また会いたい」という曖昧な会話だけでは、性的関係があったということまでは推測できないので、不貞行為の証拠としては不十分です。

ケース2:性行為に至る直前の写真や動画

LINE上で性的な写真を送り合っている場合は、浮気や不倫の強い証拠となります。

例えば、性行為に至る直前や直後の写真や動画は、強い証拠となります。2人でお風呂に入っている写真や、バスローブ姿でのツーショット写真は、強力な証拠となります。

ケース3:LINEで不倫を認めた場合

浮気の当事者が不倫を認めた場合は、「本人が自白をした」ということそのものが証拠となります。妻の面前で謝罪をした場合に限らず、LINE上で謝った場合も、十分な証拠となります。

例えば、LINE上で「もう二度と浮気をしない」と謝罪をした場合は、そのトーク履歴を証拠として使うことができます。

他にも、「一度関係を持っただけで、もう彼女とは関係ない」という会話には、「関係を持った」ということが書かれていますので、浮気の証拠となります。

ケース4:浮気相手から不倫を前提とした会話が届いた場合

浮気相手から不倫を前提としたLINEが届いた場合は、その履歴を証拠として使うことができます。

例えば、「本気で付き合っているので旦那さんと別れてください」というLINEや、「妻とは別れると言われて付き合っているので、私は悪くない」というLINEが届いた場合は、十分な証拠となります。

LINEを証拠とする際の注意点

このように、LINEのトーク履歴は場合によっては浮気や不倫の強力な証拠となります。

ただし、LINEを証拠として裁判所に提出する際には、下記の点に注意しましょう。

注意点1:親密な会話だけでは証拠として使えない

LINEのトークの中に親密な会話を発見した場合であっても、必ずしもこれだけで浮気を立証できるとは限りません。

例えば、「2人きりで会いたい」「誕生日プレゼントに指輪が欲しい」という会話は、親密な関係であることをうかがわせる会話ですが、性的関係があったということまでは推測できません。よって、これだけでは浮気の証拠にはなりません。

数がたくさんあれば浮気を立証できる可能性がある

親密なLINEのトークだけでは浮気を立証できませんが、このような会話の履歴がたくさんある場合は、これらを組み合わせることによって、浮気を立証できる可能性があります。

どれくらいの数が必要となるかは、ケースバイケースによって異なります。LINE上に親密な会話が残っている場合は、弁護士までご相談ください。

注意点2:ツーショット写真は証拠となる場合とならない場合がある

LINEでツーショット写真を送り合っている場合でも、これだけでは浮気の証拠にはなりません。

浮気や不倫の慰謝料を請求するためには、性的関係があったことまで立証しなければいけません。屋外でのツーショット写真や、レストランで2人で食事をしている写真だけでは、浮気の証拠として不十分です。

ただし、ラブホテルの部屋の中でのツーショット写真や、バスローブ姿でのツーショット写真が残っている場合は、浮気の証拠となります。

他にも、東京に住んでいる男女が九州の温泉旅館で撮影したツーショット写真があれば、日帰りで行くことは困難であると考えられますので、その日に性的関係があったことを推測させる証拠となります。

「ツーショット写真」と一言でいっても、浮気の証拠になるものとならないものがあるので、注意しましょう。

注意点3:無断でスマホをのぞくと違法となることがある

LINEの証拠集めをする際に気をつけなければいけないのは、「不正アクセス禁止法」です。この法律では、ネットワーク通信を使って他人のアカウントにログインすることを禁止しています。

例えば、クラウド上に保存されたヤフーメールやホットメールに無断でログインすると、不正アクセス禁止法となります。刑事罰としては、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

LINEの場合にも、IDとパスワードを使ってログインをすることが必要とされていますので、無断でログインをすると不正アクセス禁止法違反となります。

なお、スマホの本体に保存されているデータを見る場合には、不正アクセス禁止法には違反しません。例えば、スマホ本体に保存された写真や履歴を見ること自体は、不正アクセス禁止法で罰せられません。

注意点4:プライバシーを侵害すると慰謝料を請求されるおそれがある

夫婦といえども、無断で相手の携帯電話をのぞくことはプライバシーの侵害です。のぞき方によっては、違法となることがあります。

他人のプライバシーを侵害した場合は、不法行為として慰謝料の対象となります。夫婦の場合には、慰謝料が認定される可能性は低いものの、可能性はゼロではありません。

せっかく浮気の慰謝料を獲得することができたとしても、こちらからもプライバシー侵害の慰謝料を払わなければいけないとなると、プラスマイナスゼロになってしまうかもしれません。

携帯電話に浮気・不倫の証拠がある疑いがある場合であっても、無断でのぞくと違法となるおそれがあります。お悩みの方は、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

LINEの会話によって浮気・不倫にお悩みの方は弁護士に相談を

今回は、LINEのトーク履歴が浮気や不倫の証拠となるのかについて解説しました。

LINEのトーク履歴には、証拠になるものとならないものがあります。場合によっては、LINEの履歴が十分な証拠とならず、探偵や興信所に依頼する必要があるかもしれません。お悩みの方は、早いうちに弁護士や探偵に相談しましょう。

浮気や不倫の証拠は、時間の経過とともに消えてしまうおそれがあります。確実な証拠を集めるためには、タイミングが重要です。お悩みの方は、どうぞお早めにご相談ください。