財産分与

離婚前に「連帯保証人」を外すことはできるのかを徹底解説!

「離婚することになったけれど、共同名義の不動産はどうすれば良いのだろう?」「オーバーローンのときは揉めないだろうか…」と離婚前に不安を感じる方は多くいます。

離婚が決まった場合、不動産の処分方法や財産分割問題は避けて通ることはできません。円満な離婚をするためにも、適切な手続き方法を取りましょう。

ここでは、離婚前に連帯保証人を外す方法をご紹介します。この記事を読めば、落ち着いて手続きが行えるはずです。

サキヨミ!この記事の結論
  • アンダーローンとオーバーローンで対応方法は変わる
  • 連帯保証人は契約者本人と同様に支払い義務が発生するので注意する
  • 住宅ローンの組み換えや代理の連帯保証人を立てることを考える
離婚をする前に要チェック!財産分与のことも忘れずに


連帯保証人を外せない場合は、不動産売却をする方法も一つの手段です。不動産売却で得た現金は夫婦で分割します。離婚後の生活で金銭面で苦労をさせないためにも、離婚後の生活を左右する財産分与はなるべく早いうちにしっかりと把握しておきましょう。

中でも、財産分与で最も大きな額となる不動産(持ち家や分譲マンション等)をどうするかは早めに検討しておく必要があります。
売却するしないどちらにも関わらず、保有している不動産の価格を調べるには無料の不動産一括査定サイトを活用することを推奨します。

リビンマッチの一括査定なら最短45秒無料で査定が完了します。大手含む最大6社の不動産会社から無料で査定ができるため、離婚の財産分与においても有効に活用できます。
公式サイトはこちら⇒https://www.lvnmatch.com/sell/

離婚時の住宅ローンの扱い方

連帯保証人

離婚時に気になるのは、住宅ローンの扱い方でしょう。一般的に住宅ローンには「アンダーローン」と「オーバーローン」の2種類があります。どちらの住宅ローンであるかによって、扱い方は変わります。

ここでは、離婚時の住宅ローンの扱い方について解説します。

アンダーローンの場合

アンダーローンとは、不動産の時価総額が住宅ローン残高を上回っている状態のことをいいます。アンダーローンの場合は、不動産売却ができれば、住宅ローンを完済できることが多いため、比較的に問題は簡単に解決できるでしょう。

オーバーローンの場合

オーバーローンとは、不動産の時価総額が住宅ローン残高に満たない状態のことをいいます。この場合は、不足分の残債を払い続けていけなければいけません。そのため、オーバーローンの場合は、契約者が住宅ローンの名義人となり、その名義人が離婚後も住み続けるケースが多いです。

相手に連帯保証人になってもらっていた場合は、離婚時に連帯保証人を外す手続きを行います。アンダーローンと比較すると離婚時の手続きは複雑化します。

離婚前に外す「連帯保証人」の役割

連帯保証人の役割

保証人に連帯保証人の役割は異なります。保証人は、お金を借りている人が支払いを怠らないようにアドバイスをする立場の人のことをいいます。そのため、保証人は支払いの責任はありません。

その一方で、連帯保証人の場合は、借りている人と同じ責任を負うことになります。ここでは、連帯保証人の役割について詳しく解説します。

催告の抗弁権がない

銀行などの金融機関は、契約者および連帯保証人のどちらにも住宅ローンの請求ができます。連帯保証人は「保証」という言葉が付いているため、契約者が支払いの滞納をした場合のみに請求されると思われがちですが、それは大きな間違いです。

実は、金融機関は、契約者と連帯保証人のどちらにも「住宅ローンを計画通りにお支払いください」と主張することができます。連帯保証人には「契約者に先に伝えてください」と主張する権利はありません。そのような主張は無効となります。

検索の抗弁権がない

「契約者には充分な資産や収入があるため、契約者に請求してください」と主張する権利はありません。また、契約者が住宅ローンを支払えない場合は、その借金はそのまま連帯保証人に回ってきます。

連帯保証人にも支払う能力がないと判断された場合は、財産が差し押さえられることもあるので注意しましょう。

分別の利益がない

住宅ローンの責任は半分にすることはできません。連帯保証人が複数いる場合でも、その一人一人が、債務全額を保証しなければいけないのです。

このようなリスクを知らないまま、連帯保証人になる方は多く、トラブルに巻き込まれる人もいます。そのため、連帯保証人のリスクについてはシッカリと把握しておきましょう。

離婚前に連帯保証人を外す方法

連帯保証人を外す

離婚前に連帯保証人を外さなければ、離婚後の生活に不安を覚えてしまうでしょう。お互いに、新たな人生を歩むためにも連頼保証人に関することも取り決めておかなければいけません。ここでは、離婚前に連絡保証人を外す方法について解説します。

住宅ローンの組み換えも検討する

夫婦合算の世帯年収ではなく、夫単独の年収で借りられる住宅ローンに借り換えをすることで、妻側は連頼保証人から外れることができて、連帯保証の責任は消滅します。しかし、住宅ローンの残高が夫単独の年収で借りられる金額かどうかが問題となってきます。

代理の連帯保証人を立てる

住宅ローンの組み換えが難しい場合は、代理の連帯保証人を立てましょう。代理の連帯保証人を探すのは難しいことです。両親でも連帯保証人になかなか承諾してもらえないでしょう。そのため、いかに説得するかが問題となってきます。

離婚後にトラブルが発生しないように、離婚協議で代理の連帯保証人を立てることを約束し、公正証書に約束した内容を記載しておくことが大切です。

銀行と交渉をする

一定以上の預貯金や株などの資産を持っている場合、それを担保にすることで、現在の銀行に連帯保証人を外すよう交渉することもできます。金融機関側も、住宅ローンの返済が滞納した場合に、取り返せる担保があるのであれば同意してくれます。

連帯保証人が外せない場合は売却も検討

不動産売却

連帯保証人が外せない場合は、不動産売却も一つの方法です。住宅ローンの支払から解放されると、夫婦それぞれが新しい人生を歩みやすくなるでしょう。ここでは、不動産売却の方法について分かりやすく解説します。

不動産鑑定に出して評価額を調べる

不動産は鑑定士によって評価額が変わります。そのため、間違った方法で調べてしまうと、不動産評価額を見誤ることもあります。そのため、不動産一括査定サービスなどを利用すると便利です。

また、不動産査定価格とは「普通ならこれぐらいの金額なら売却できるだろう…」という予測の数値となります。確実に査定価格で不動産売却ができるわけではないので注意をしましょう。不動産評価額は販売価格の参考にするための数値です。

売却して現金化して財産分与する

不動産を売却して現金化ができたら、財産分与を行います。財産分与の割合は、夫婦の話し合いで自由に決めることができます。ただし、原則として2分の1ずつ分けるのが一般的です。

もし、財産分与について話し合いでまとまらないときには、家庭裁判所に調停の申立てを行います。さらに、調停が不成立となった場合には、離婚裁判で解決を目指していきます。

状況に応じた連帯保証人の外し方を選びましょう

ここでは、離婚前の連帯保証人の外し方について解説をしました。住宅ローンの連帯保証人の場合は、アンダーローンとオーバーローンによって対処方法が変わります。そのため、まずは不動産の一括査定をしましょう。下記のサイトのような一括査定サイトが便利です。

また、連帯保証人の外し方は状況に応じて対処法が変わります。そのため、この記事でご紹介した内容を参考に、適切な方法で手続きを進めてください。

持ち家の売却価格を調べるには一括査定を利用しよう

離婚後に豊かに暮らすためにも、結婚生活で築いた財産がどれぐらいあるかをチェックしましょう。とくに持ち家に住んでいる場合は「家を売却するといくらになるのか?」を調べておく方が良いですが、不動産会社に応じて金額が異なるため、少しでも高く売れる会社を選ぶことが大切です。リビンテックの一括見積サイトなどを利用すると簡単に不動産の価値を知ることができます。ぜひ、調べてみてください。公式サイトはこちら⇒https://www.lvnmatch.com/sell/