慰謝料

離婚後に元配偶者の浮気発覚!慰謝料請求はできる?

離婚後元配偶者の浮気が発覚した場合、慰謝料は請求できるのでしょうか?
離婚してしまうと、連絡を取らなくなるため慰謝料がもらえるかどうか不安です。
離婚後浮気が発覚しても、慰謝料が請求できる場合とそうでない場合があるので注意が必要です。

ここでは、離婚後浮気が発覚した場合の慰謝料請求について詳しくお教えします。
適切な対応ができるよう、浮気が発覚した時の対処法を覚えておいてください。

離婚後浮気が発覚したら慰謝料請求は可能

結論を言うと、離婚後浮気が発覚した場合元配偶者に慰謝料を請求することは可能です。
ただ、離婚が成立してしまっており疎遠になっているため、本来請求できるはずの慰謝料の金額がかなり変わってくることを覚えておきましょう。

慰謝料を請求するには元配偶者の不貞行為が離婚原因である必要があります。
離婚の際に浮気に気づかなかったとしても、元配偶者の言動や態度が変化したことで夫婦関係が崩壊したケースもあるでしょう。

浮気によって元配偶者の言動や態度が変わったことが分かれば、浮気が離婚原因だと認めてもらえます。
ただ、場合によっては慰謝料請求が不可能な場合もあるため注意しましょう。

慰謝料請求が認められないケースとは

離婚後配偶者の浮気が発覚しても、夫婦関係が破たん後浮気していた場合は慰謝料請求の対象にはならないことを理解しておきましょう。
たとえば、家庭内別居や実際に別居している間に浮気していた場合は請求できない可能性が高いです。
つまり、元配偶者が家庭の不和が原因で浮気したとなると、慰謝料請求が不可能・・ということになります。
さらに、公正証書や協議書に慰謝料の請求はしないと書かれている場合も慰謝料請求は不可能です。
ただ、書類に強引にサインさせられた場合などはその状況によって権利回復の可能性もあります。

離婚後配偶者の浮気が発覚した場合の対処法

ここでは離婚後配偶者の浮気が発覚した場合、まず何をすればいいのかご説明したいと思います。

浮気が始まった時期

離婚後、元配偶者の浮気が発覚した場合、まず確認することはいつから浮気が始まったか・・ということです。
法律上婚姻関係が破たんしている場合、浮気しても浮気とは認められない・・と判断されてしまいます。
離婚しているため、配偶者との夫婦関係は破たんしていた時期があるのは当然です。
離婚までの間家庭内別居や別居している夫婦も多く、こういった時期に浮気した場合は浮気と判断されないことがほとんどです。

離婚の原因が浮気かどうか

夫婦関係が悪化すると自分の家庭が安心して安らげるところではなくなり、家にいたくないためわざと時間をつぶして時間を遅くしたり、配偶者が寝るまで外で過ごしたり・・などする人も多いです。
また、浮気している間に配偶者と離婚して浮気相手と一緒になりたいと考えるようになる人は多いです。
そうなると、浮気が原因で離婚となると慰謝料を払わなければならないから、他の理由で離婚に持っていこう・・と考えることもあり得ます。
特にそれまで問題がなかったものの突然性格の不一致などの不明瞭な理由で離婚を切り出されてしまうと、浮気が本当の離婚原因の場合が多いでしょう。
つまり、離婚の本当の原因が浮気だったことを証明できれば、離婚後慰謝料を請求できる可能性が高くなります。

慰謝料請求の時効とは

浮気の慰謝料請求には時効があることを知っておきましょう。
配偶者の浮気を知った時点から3年間が時効で、たとえば離婚後2年経ち浮気を知った場合、その時点から3年間は慰謝料請求が可能となります。
時間が経てば経つほど慰謝料請求は難しくなるため注意しましょう。

離婚後慰謝料請求した場合の相場とは

離婚後慰謝料請求をした場合、相場は100〜300万円だといわれています。
離婚後元配偶者の浮気が発覚した場合、財産分与を行っていればそれに慰謝料を上乗せし請求することになります。
また、離婚原因が元配偶者の浮気であることを証明しなければならないため、その証拠集めをする必要があります。
公正証書や協議書があるからと言っても、慰謝料が絶対に請求できないということではないので、弁護士に早めに相談し慰謝料請求の手続きを行いましょう。

まとめ

離婚後元配偶者の浮気が発覚した場合の慰謝料請求について詳しくご説明させていただきました。
すでに公正証書や協議書を作成していたからと言って、浮気していることを知らなかったから・・とあきらめる必要はありません。
場合によっては離婚後慰謝料請求できる場合もあるため、離婚問題に詳しい弁護士にご相談することをおすすめしたいです。

離婚後配偶者の浮気が分かった場合、1人で悩んでいても前には進みません。これから始まる新しい人生のためにも、ぜひ一度ご相談だけでもなさってみてはいかがでしょうか?