慰謝料

不倫・浮気が原因の離婚は証拠が無いと慰謝料請求できない!?離婚アドバイザーが徹底解説

浮気裁判における王道は、浮気の確たる証拠を見せつけて裁判を勝ち取り、離婚を有利に進めると共に慰謝料を勝ち取ることです。
しかし裁判において浮気の証拠がなかったら、どうなるのでしょう。あるいは、夫や妻の浮気が確実なのに証拠がない場合、裁判は勝てるのか。そして、慰謝料は勝ち取れるのでしょうか。

証拠がなくても裁判はできる

まず知っておいていただきたいことは、タイトルのとおり、証拠はなくても離婚裁判は起こせます。ただし、証拠がない、あるいは裁判に有力な証拠を見つけることができなかったわけですから、勝てる見込みは薄いです。
しかも、相手(夫あるいは妻)が、裁判を起こされたことに腹を立て、夫婦関係が悪化してしまうこともあり得ます。
さらに悪い事態としては、夫や妻は本当に浮気をしておらず、あなたの勘違いや思い込みだったということもあり得ます。
つまり、証拠がないのに裁判を起こすということは、非常にリスクのある行為だということを肝に銘じてください。

証拠がなくても裁判に勝てる場合とは?

では次に、証拠がなくても慰謝料をもらうことはできるのでしょうか。
答は、イエスです。
ただしそれは、証拠がなくても相手が浮気を認めた場合です。

裁判になると浮気の確たる証拠が必要に

証拠がなくても浮気を認めさせる方法は、いくつかあります。
証拠があるフリをする、「カマ」をかける、強硬な態度で攻める、などです。しかしこれらは後ろ盾となる証拠がありませんから、いざというときにあなたが不利になってしまいます。あなたが名誉毀損だとして訴えられてしまう恐れもあります。

それより現実的なのは、証拠がなくても相手が浮気を認め、慰謝料を支払うことに合意する場合です。
これは滅多にないケースには違いありませんが、ありえない話ではなさそうです。例えば証拠を残さず浮気をしてきた夫がおり、妻がそれに気づいて離婚と慰謝料支払いを要求し、夫は早く離婚したいがために同意した場合です。
浮気相手と早く一緒になるため、一刻も早く慰謝料を支払い、けりをつけたいと思っている夫がいるかもしれません。

ただしこの場合の慰謝料支払いは、裁判ではなく夫婦双方の合意のみで行う必要があります。なぜなら、浮気している証拠がなければ、裁判官は、夫あるいは妻が浮気をしているとして慰謝料支払いを決定することはできないからです。
証拠もないのに、裁判官の独断で慰謝料支払いの是非が決められてしまっては、法治国家とは言えません。裁判で慰謝料支払いを決めるためには、浮気をしているとわかる客観的な証拠です。

さらにここで重要なのは、これら一連の話し合いや交渉をあなた一人で行うことは困難だということです。なぜなら慰謝料を支払わせるには、相手を説得する力と、その根拠となる知識が必要です。話し合いの途中で興奮してしまい、それまでコツコツ積み上げてきた努力が一瞬にして無駄になってしまうことも考えられます。
つまり、素人一人で行うのは困難と言っていいでしょう。

ではどうすべきかと言うと、プロの弁護士の力を借りることです。弁護士は法律のプロですから、離婚と慰謝料支払いについて、あなたに有利なように進めることができます。
弁護士については後述します。
その前に、どんなものが浮気の証拠となるのかを解説しましょう。

浮気の証拠になるのは不貞行為をしていたことを示すもの

浮気がなぜいけないかと言うと、民法第709条に定める「不法行為」に該当するからです。「自分の行為が他人に損害を及ぼすことを知っていながら、あえて(故意に)違法の行為をして、他人の権利や法律上保護される利益を侵し損害を与えた者は、その損害を賠償しなくてはならない。また、不注意(過失)による場合も同様である」
この条文を根拠として、既婚者であることを知りながら肉体関係を結ぶことが、他人の権利や法律上保護される利益を侵すと考えられています。

そこで浮気の証拠としては、肉体関係があったことを示すものが最も有効です。
最もいいのは行為に及んでいる最中に踏み込んだり、その写真を撮ったりすることですが、そんな機会はまずありません。
そこで通常入手できる範囲で最も有効なのは、ラブホテルに出入りする写真や動画です。しかしこれも1回だけでは証拠とはなりえず、複数回必要です。1回では「気分が悪かったから入った」と言われれば信憑性があるからです。
またラブホテルでなくても、浮気相手の自宅に複数回、長時間出入りしている写真があれば、それも有力な証拠となります。

反対に、証拠として不十分なのは、キスしている、抱擁している、手をつないでいる等の写真です。ただし、こうした軽微な証拠も、数多く積み重ねれば裁判でも使える証拠となり得ます。

離婚の悩みは弁護士にするべき

このように、浮気を理由に離婚したいと考えている場合、証拠を示して離婚と慰謝料を勝ち取るのが王道と言えます。
しかし相手の出方によっては、証拠がなくても離婚し慰謝料をもらえることがあります。

しかし、証拠がないのに慰謝料を勝ち取るということは、下手をすると相手から名誉毀損だとして訴えられる恐れすらあります。事態を有利に進めるためには、入念な準備と知識が必要であり、それを法律知識のない素人が一人で行うのは困難と言えます。
そのため、まずは法律のプロである弁護士に相談をし、有利に離婚が進むようサポートしてもらうことをお勧めします。

スムーズな解決と、有利な慰謝料請求が出来るよう全力で支えてくれることでしょう。