財産分与

離婚時の財産分与で「ペット」はどう扱われる?飼うには?

結婚に比べ、離婚はその何倍ものエネルギーが必要と言われています。
いざ離婚して新しい人生をスタートしようとしても、離婚が成立しないことはよくあります。
その原因として離婚に同意しているものの金銭問題や親権問題で話し合いが進まない・・というケースは非常に多いです。
なお、離婚時の金銭に関する問題は次のようなものが挙げられます。

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 子どもの養育費
    • 慰謝料や子どもの養育費は当然ながら、結婚していた期間が長い夫婦の場合財産分与でもめることが多いです。
      この財産分与とは主に婚姻中に夫婦のお互いが協力し合って作り上げた共有財産を貢献度に合わせて分配し、清算することを言います。
      夫婦のいずれかが取得した財産でなければ財産分与の対象となり、共有財産とはお互いの協力のもとで作られるため、婚姻期間の長さに比例します。
      共有財産とは不動産や車、ペット・・などで、ここではペットはどう扱われるのか、飼うにはどうすればいいのか・・などについて弁護士の視点からお教えします。
      離婚を考えているけれど、ペットをどうすればいいのかお悩みの方はぜひ最後までお読みください。

      ペットは財産分与の対象となるのか

      結婚生活を送る中でペットを飼っていた場合、離婚する場合にペットはどうなってしまうのでしょうか?
      ペットは財産分与の対象になるのでしょうか?

      法律上、ペットは物として扱われます。ですので、不動産や預貯金などと同じく離婚時には財産分与の対象となります。
      子どもようにかわいがっていても親権は必要なく、当然養育費も発生しません。

      とは言っても、夫婦間で飼育費用を負担し合うとなれば離婚時に飼育費用について決めておくことは可能で、いずれもペットを家族として見ているのであれば、こういった取り決めをしておく方が得策です。

      ペットは共有財産なのか?

      さらに、ペットを飼うのはどちらかを決める際に大切なのがペットは共有財産になるかどうかです。
      結婚生活を送る中で共有している家計費からペットを購入した場合、共有財産としてみなされます。
      ですので、引き取って飼う側がペットの評価額の半分を相手に支払い譲り受けるのが妥当です。

      ですが、夫婦のいずれかが結婚前にペットを購入していた場合にはペットは特有財産としてみなされるので財産分与の対象外となります。
      また、あまり例のないことですが、いずれかが連れてきたペットを配偶者が引き取り飼う・・という場合には評価額を支払い譲り受けるのが適切です。

      離婚後ペットをどちらが飼うのかというのは押し付け合いになることもあります。
      その背景は単純に飼うのが面倒だったり、金銭的に余裕がない・・など、現実的な問題以外にも思い出としてペットを残したくないという精神的な問題もあるため、押し付け合いになるようです。
      離婚から立ち直るにはお互いのことを忘れることが大切だと言われているため、配偶者と生活を共にしたペットを飼うこと自体相手を忘れるための妨げになってしまいます。
      当然ながら、結婚生活を思い出したくないというケースもあるでしょうが、ペットを飼っていたのならその飼育については動物愛護法で決められた義務であると同時にもし違反した場合には刑事罰の対象になることもあると知っておきましょう。

      ただ、どちらもペットを引き取るのを拒否した場合、いずれかが引き取る義務があるということは決まっていません。
      どちらが引き取るか決定するまでは夫婦の共有物ですので、どちらも引き取れないといった場合にはお互いに責任を持って里親を探す必要があります。

      財産分与の対象とはいえ半分にはできない

      ペットは財産分与の対象になると説明しましたが、いくらなんでも半分にはできません。
      中には自分が引き取り飼う方が幸せだと言う人もいるでしょうが、どちらかだけがそういった考えでお互いに合意できればいいですが、もめている場合はどちらも同じような考えであることがほとんどで、相手に分かってもらうのは困難だと言えます。
      もし、話し合いがまとまらず裁判になってしまうと、どちらにペットがよりなついているか、世話をしているのは主にどちらなのか、離婚後にペットを飼うだけの経済力や飼育環境があるかどうか・・などの視点から総合的に判断されるでしょう。

      弁護士に相談を

      もし、現在離婚を考えておりペットを飼っている方はペットの引き取りについても法律上の問題が生じるため、離婚手続きと同時進行で行わなければなりません。
      離婚相談やペットについての相談は早めに弁護士事務所に相談することをおすすめします。

      弁護士なら法律のプロなので、皆さんのさまざまなお悩みやトラブルをスムーズに解決することができます。
      自分たちが離婚後新しい人生のスタートを切るためにも、ペットが幸せな生活を送るためにも信頼できる弁護士に相談していただき、ペットがよりよい環境で暮らせるように努めることが大切です。