浮気・不倫

浮気・不倫の慰謝料を請求する場合に有効な証拠と集め方

結婚相手が浮気をしている疑いがある場合であっても、必ずしも慰謝料を請求できるとは限りません。裁判で慰謝料を請求するためには、「浮気や不倫を立証するための証拠」が必要です。
それでは、どのような証拠があれば裁判で有利になるのでしょうか?

また、浮気の証拠を集めようとしても、すぐに確実な証拠をつかめるとは限りません。浮気の調査を自分で行うことは可能なのでしょうか?探偵や興信所に依頼する必要はあるのでしょうか?

今回は、結婚相手が浮気をしている場合に、どのような証拠があれば裁判で有利となるのかを具体的に紹介したうえで、ご自身で証拠を集める方法探偵・興信所に依頼する方法を比較して、探偵や興信所に依頼することのメリットとデメリットについても解説します。

浮気・不倫の証拠を押さえるメリット

そもそも、浮気の疑いがある場合に、証拠を集めることは必要なのでしょうか?
離婚の手続きでは、浮気の証拠は必須ではありません。しかし、浮気の証拠を集めておくと下記の2つのメリットがあります。

裁判上で慰謝料を請求することができる

法律上結婚している夫婦には、貞操義務(結婚相手以外の異性と性的関係を持たない義務)があります。不倫や浮気は、貞操義務に違反する行為であるため、慰謝料の対象となります。

ただし、裁判上で慰謝料を請求するためには、「浮気・不倫を立証する証拠」が必要です。裁判官は、提出された証拠に基づいて慰謝料の金額を決定するからです。

慰謝料の金額はケースバイケースによって異なりますが、過去の裁判では、50万円から300万円の間に認定されることが一般的です。

相手が離婚を拒否した場合でも離婚を成立させることができる

離婚の話し合いでは、まず第1に「離婚するかどうか」について話し合わなければいけません。浮気をした本人が、「浮気は一時の迷いなので離婚はしたくない」「子どもと会えなくなるので離婚をしたくない」といって離婚を拒否することは、珍しいことではありません。

多くの方が誤解しているのですが、実は、夫婦の一方が離婚したいと言っているだけでは、離婚を成立させることはできません。離婚を成立させるためには、2人の合意が必要です。

片方がどうしても離婚に反対したくないと言っている場合には、「離婚事由(離婚を成立させるための正当な理由)」が必要となります。このとき、「価値観が合わない」「性格が合わない」というだけでは、離婚事由とは認められません。

しかし、浮気や不倫の証拠があれば、離婚事由に認められる可能性が高くなります。浮気や離婚は貞操義務に反する行為であり、夫婦の信頼関係を破壊する行為であるからです。

慰謝料請求で有利になる証拠とは

それでは、具体的にどのような証拠があると有利になるのでしょうか?

①性的な関係があったことを推測できる証拠

浮気・不倫による慰謝料を請求するためには、「結婚相手以外の異性と性的な関係があったこと」を示す証拠が必要です。

具体的には、結婚相手以外の異性との性行為の写真や動画性行為に至る直前の写真や動画が証拠となります。ラブホテルに出入りしている写真や、性的関係があったことを示すメールやSNSの会話も、証拠となります。

その他にも、様々なものが証拠となります。例えば、東京に住んでいる男女が九州の温泉旅館で撮影したツーショット写真があれば、日帰りで行くことは困難であると考えられますので、その日に性的関係があったことを推測させる証拠となります。

②浮気・不倫をしたことを自白した記録

性的関係を直接示す証拠がない場合であっても、結婚相手や浮気相手が不倫の事実を認めた記録があれば、証拠とすることができます。

例えば、不倫を認めることを内容とする夫婦間の会話の録音や録画、浮気相手が不倫を認めて謝罪したメールや手紙は、証拠とすることができます。

③親密な関係であることを推測させる証拠

性的な関係そのものを示す証拠でなくても、特別に親しい関係を示す証拠があれば、証拠の1つとすることができます。

例えば、不倫相手の自宅に頻繁(ひんぱん)に通っていることを示すGPSやETCの記録や、不倫相手のために購入した高額なアクセサリーの領収書やレシートなどは、証拠の1つとなります。

③の証拠は、①②とは異なり、必ずしもこれだけで浮気を立証できるとは限りません。ただし、種類や数がたくさんあれば、③の証拠だけでも浮気を立証できる可能性があります。

また、③の証拠を①②の証拠と組み合わせることによって、より確実に浮気を立証することが可能となります。

浮気・不倫の証拠を集める方法

それでは、浮気・不倫の証拠はどのように集めたらよいのでしょうか?

自分で証拠を集める

最もコストがかからない方法は、ご自身で証拠を集めるという方法です。

ただし、相手に気づかれてしまうリスクが高く、証拠集めに慣れていないために余計な時間がかかってしまうというデメリットがあります。

また、どのような証拠が裁判で有利となるのかについてノウハウを持っていないために、裁判で使える証拠を逃してしまうおそれもあります。

探偵や興信所に依頼して集める

探偵や興信所に依頼すると、費用がかかるというデメリットがあります。しかし、それ以上に多くのメリットがあります。

交渉するうえで有利となる証拠を集めてくれる

探偵や興信所は、浮気・不倫の証拠収集について専門的なノウハウを持っています。このため、相手と交渉をするうえで有利となる証拠を最大限に集めてくれます。

裁判所にそのまま提出できる形式にまとめてくれる

調査結果を「報告書」という形でまとめてくれるため、裁判になった場合には、報告書をそのまま証拠として提出することができます。

ご自身で調査を行った場合には、撮影した写真をご自身で精査して、写真を撮影した時間や場所についてご自身で解説を付記する必要があります。このため、ご自身で証拠を集めた場合は、証拠をそろえた後にも手間がかかります。

相手に気づかれるリスクが低い

最大のメリットは、「相手に気づかれるリスクが低い」という点です。本人と顔見知りでない方が調査を行うため、相手に不審を抱かれるおそれがほとんどありません。

以上のように、探偵や興信所に依頼すると、数多くのメリットがあります。ご自身で調査をすると、費用を節約できるものの、余計な手間がかかってしまいます。不倫・浮気の調査をご検討されている方は、探偵・興信所に依頼することをお勧めいたします。

証拠収集の前に浮気・不倫の可能性をチェック

今回は、浮気・不倫の慰謝料を請求するうえで有利となる証拠について解説しました。もしも「これから浮気・不倫の証拠を集めようと思っているが、どうしたらいいのか分からない」という方がいらっしゃいましたら、離婚問題を得意とする探偵事務所や弁護士事務所に相談だけでもしてみると良いでしょう。